玉川徹氏、高級ラウンジ訪問で自民党離党の白須賀貴樹衆院議員に「文春をなめちゃいかんぜよ」

18日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)で、自民党の白須賀貴樹衆院議員が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言下の今月10日夜に東京都内の高級会員制ラウンジを訪れていたことを受け、同党に離党届を提出したことを報じた。
白須賀氏のラウンジ訪問は17日に週刊文春の電子版が報じた。白須賀氏は次期衆院選に出馬しないと表明したが議員辞職は否定した。
同党では今月に入り、銀座のクラブをはしごした松本純前国対委員長代理ら3人が離党したばかりだった。
コメンテーターで同局の玉川徹氏は今回の問題に「前回の自民党の銀座トリオの時にコメントしたんですけど、どうぞ夜の会食に行ってください。文春、新潮が張ってますから、それで撮られて国民の審判受けてくださいって言ったんです」と明かし「もちろん皮肉で言ったんです。本当にやる人いるとは思わなかったです。何なんだろう?この危機感のなさ」と呆れていた。
その上で週刊文春の報道で発覚したことに「一生懸命文春の記者とかうわさを集めてやってますから、文春をなめちゃいかんぜよっていう話ですよね」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする