「結婚相談所の女性は“妥協して年収600万円”という考えの人が多かった」と語る30代独身男性

世帯年収600~800万円のキャリコネニュース読者は、当面の生活費には困っていないものの、将来のための貯金をどう捻出するかが悩みの種のようだ。北海道の30代後半男性(メーカー系/正社員/世帯年収750万円)には2人の子どもがいる。そのため、
「生活には困っていないが、将来のことを考えるとより多く貯蓄をしておきたいと思う。夫婦でフルタイム勤務にしては世帯年収が少ないと感じる」
「生活には困っていないが、将来のことを考えるとより多く貯蓄をしておきたいと思う。夫婦でフルタイム勤務にしては世帯年収が少ないと感じる」
と胸中を語る。今回は、キャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収600~800万円の心配事」を紹介する。(文:大渕ともみ)
■年収600万円の30代男性「唯一の心配事は“結婚”」
都内の30代前半の独身男性(IT・通信系/正社員/年収600万円)は「独身なので恵まれた生活」といい、「都内は家賃が高いですが、1人なので1Kで十分。ブランド品や贅沢品には興味がなく、車もカーシェアサービスで満足しています」と意気揚々。
「趣味は料理と飲みに行くこと。料理はストレス解消&節約にもなるし楽しい。飲みに行くのも庶民的なお店なので、それほどお金はかかりません。年に1回の海外旅行やオーダースーツなどの贅沢もしています」
「趣味は料理と飲みに行くこと。料理はストレス解消&節約にもなるし楽しい。飲みに行くのも庶民的なお店なので、それほどお金はかかりません。年に1回の海外旅行やオーダースーツなどの贅沢もしています」
と語り、楽しい独身生活を謳歌している。そんな男性の唯一の心配事は “結婚”だ。「結婚相談所にも行きましたが、相談所に登録している女性はキツイ人ばかりですね。『妥協して年収600万円』という考えの人が多かったです」と振り返る。

「相談所に来る女性が求めるのは、ブランド物に身を固めてイケイケで、かつ女性に贅沢をさせてあげられる男性。でも私は違います。この金銭感覚は結婚しても変わらないと思います」
「相談所に来る女性が求めるのは、ブランド物に身を固めてイケイケで、かつ女性に贅沢をさせてあげられる男性。でも私は違います。この金銭感覚は結婚しても変わらないと思います」
自身の金銭感覚と一致する女性に出会うまで、男性は独身を貫くつもりでいるようだ。
■2年前に夫が他界「子育て中はパート勤務だったので年金の支給額が少ない」
静岡県の50代後半女性は、年収700万円の看護師。3LDKのマンションに1人暮らしをしており、「夫は2年前に他界しました。2人の子どもは結婚し、自活しています」と明かす。現在の生活感については、
「インテリアや家電は値が張っても、きちんとした良いものを選んでいます。安物買いの銭失いはしません。基本的に自炊で、職場にも弁当を持参。買い物は地元にある普通のスーパー。日々のお金に困ることはありません」
「インテリアや家電は値が張っても、きちんとした良いものを選んでいます。安物買いの銭失いはしません。基本的に自炊で、職場にも弁当を持参。買い物は地元にある普通のスーパー。日々のお金に困ることはありません」
と語る。夫を失った女性の心配事は、やはり老後の生活だ。「子育て中はパート勤務をしていたので、年金の支給額が少ないです」といい、今の暮らしを圧迫しない範囲で貯金に励んでいる。女性は理想の老後について、
「60歳定年退職後も再任用で働き、65歳からはパートに切り替えたい。できることなら、働ける限りは白衣を着て仕事をしたい」
「60歳定年退職後も再任用で働き、65歳からはパートに切り替えたい。できることなら、働ける限りは白衣を着て仕事をしたい」
と打ち明けている。
※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを実施しています。
—–
【あわせて読みたい】「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600~800万円の男性陣世帯年収600~800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする