配管工事会社が2億円脱税=容疑で会長親子を告発―東京国税局

架空の外注費を計上し、計約1億9200万円を脱税したとして、東京国税局査察部が法人税法違反などの疑いで、横浜市の配管工事会社「ティーエス」と鶴岡忠義会長(64)、息子の一希社長(39)を横浜地検に告発したことが18日、関係者への取材で分かった。
関係者によると、同社は取引先に虚偽の請求書を作らせ、架空の外注費を計上。2018年10月期までの4年間で約5億7400万円の所得を隠し、法人税約1億4300万円と消費税約4900万円を脱税した疑いが持たれている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする