中国地方 冬の嵐が続く

中国地方 冬の嵐が続くの画像はこちら >>
中国地方は今日(18日)も強い冬型の気圧配置で中国地方の上空1500メートル付近にはマイナス12度以下のかなり強い寒気が流れ込むでしょう。このため日本海側を中心に断続的に雪が降る見込みです。また強風が続き荒れた天気でしょう。
日本海側は大雪に警戒。積雪や路面凍結、強風に注意。

〇雪の見通し〇中国地方は日本海側や中国山地沿いで全般に雪が降り、雷を伴う所がある見込みです。鳥取県では今日の夕方まで大雪に警戒してください。瀬戸内側も西部では雪の降る所があるでしょう。積雪や路面の凍結、着雪、雪による倒木やなだれにご注意ください。また老朽化している建築物やビニールハウスは倒壊の恐れがありますので、普段と様子が違う場合はなるべく近づかないようにしておいた方が安心です。〇風と波〇風は日本海側を中心に西の風がやや強い見込みです。山陰沖は波が高くうねりも伴いますので注意が必要です。また強風と雪により見通しが悪くなる恐れがあります。車の運転はいつも以上に安全を心がけてください。〇気温〇昼間の最高気温は5度に届かない所が多く、山沿いでは昼間でも氷点下のままの所があるでしょう。今日も厳しい寒さになりそうです。防寒対策も万全になさってください。今後も最新の気象情報をチェックして冬の嵐への対策を!
今週末は春の陽気に

明日(19日)の中国地方は瀬戸内側では大体晴れ、日本海側も明け方には雪がやみ昼頃から晴れるでしょう。日差しのもとでは寒さがやわらぎそうです。土曜日(20日)と日曜日(21日)は全般に晴れて春の陽気になる見込みです。なお今週末は、雪と寒さは解消しますがスギ花粉が大量に飛散する可能性があります。花粉を取り込まないよう花粉症対策は万全に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする