北村晴男弁護士、橋本聖子氏の過去の問題に「決定的にマイナスとは思わない…いいじゃないですか」

18日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)で、東京五輪組織委が新会長候補を橋本聖子五輪相に一本化し、就任要請したことを報じた。
組織委は、森喜朗会長の辞任表明を受けた第2回の候補者検討委員会を17日に都内で完全非公開で開き、8人の委員は橋本氏へ候補を絞り込んだ。当初難色を示していた橋本氏は受諾の意向を示し、18日の理事会に諮って新会長が誕生する。
番組では、新型コロナウイルス分科会の尾身茂会長が参院内閣委員会の閉会中審査で「5人以上の会食は控えて欲しい」と訴えた昨年12月17日の夜に橋本氏が6人で飲酒を伴う会食をしていた問題について触れた。
コメンテーターでタレントの薬丸裕英はこうした過去の問題を「会長に就任すると各メディアで取り上げる。違うことで盛り上がっちゃうと五輪に水さすような気がする」などと指摘した。これに北村晴男弁護士は「人間完璧の人はいませんから。もちろん、これがいいとは思わないですけど、決定的にマイナスとまでは思わないので、いいじゃないですか」と橋本氏をおもんぱかっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする