Switch版『クレしん』の設定が最高にエモすぎる 「絶対に泣くやつじゃん」

任天堂は18日に「Nintendo Direct 2021.2.18」を配信。Nintendo Switch用ソフト『クレヨンしんちゃん オラと博士の夏休み~おわらない七日間の旅~』が今年夏に発売予定であることが発表され、反響が相次いでいる。
■最高に「エモい」設定『スプラトゥーン3』や『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』の発表に多くの歓声があがった今回の「Nintendo Direct 2021.2.18」だが、それに負けないくらい注目を集めている今回の『クレヨンしんちゃん』。九州の町を舞台に野原一家が夏休みを過ごす内容で、配信された動画では、虫取りや釣りを楽しむ野原しんのすけの姿も。春日部市にいるしんのすけの友達そっくりのキャラクターも登場する。どこか昭和の雰囲気がある町と、夏休みという設定が非常に「エモい」本作だが、『ぼくのなつやすみ』シリーズ監督の綾部和氏が携わっているようだ。『ぼくのなつやすみ』シリーズ監督
綾部和が贈る 新しい冒険物語!クレヨンしんちゃん
『オラと博士の夏休み』
~おわらない七日間の旅~2021年夏発売予定#クレ夏#NintendoSwitch pic.twitter.com/NLSZCY4ENe クレヨンしんちゃん『オラと博士の夏休み』~おわらない七日間の旅~ 【公式】 (@crayon_natsu) February 17, 2021
関連記事:任天堂、Switchで人気作4本を配信 「神ゲー」「最高すぎる」と喜びの声■「絶対泣くやつじゃん」ツイッター上では「任天堂神すぎるだろ…」「ゲームの雰囲気が良すぎる」「絶対買おう」と反響が相次ぎ、「クレしん」「しんちゃん」などの関連ワードが次々とトレンド入り。『クレヨンしんちゃん』といえば、劇場版シリーズでの泣けるシーンの数々も魅力。ゲームの物語の結末はわからないが、この設定ならば、最高に切なくなるエンディングなのではないだろうか。「絶対泣くやつじゃん…」「『クレしん』と『ぼくなつ』って泣く」「最後は何だか物悲しくなって泣けるタイプのやつ」とユーザーたちも期待しているようだ。■しんのすけの顔に注目する声もまた、一部では「しんのすけの顔の表示問題」の話題も。しんのすけは頬が張った特徴的な輪郭で、ネット上では「正面のアングルはどうなっているのか」とたびたび話題になるほど。今回のゲームでも「ちゃんと正面顔にならないように工夫されてていい」「3Dでちゃんと動けるのか…?」「3Dモデルすげえーってなった」などのコメントがみられている。
■夏が待ち遠しくなる今も放送されている国民的人気アニメの『クレヨンしんちゃん』。発売を多くのユーザーが待ち望んでいるが、この夏、もっとも期待できる作品のひとつかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする