宮根誠司氏、新会長就任濃厚の橋本聖子氏に「僕が総理なら『五輪が終わったら、ちゃんとしたポストを用意して待っているから』って言いますよ」

18日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・午後1時55分)では、橋本聖子五輪相(56)が東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長就任受諾の意向を示したことを速報した。
コメンテーターで出演の元衆院議員でタレントの杉村太蔵(41)は今回の人事に「大臣がなんぼ重要ポストとは言え、辞めて一財団法人に行くっていうのは酷だなあって気がします、僕は。大臣ですよ! 議員、政治家としたら辛い決断だったろうなと思います」と熱くコメント。
これに対し、宮根誠司キャスター(57)が「僕はよく分からないですけどね。政治介入とか良く言われるけど、僕がもし菅(義偉)総理だったとしたら『任せろ。五輪が終わったら、ちゃんとしたポストを用意して待っているから、一つよろしく』って言いますよ」と返すと、杉村氏は「そんなものが当てになる世界じゃないじゃないですか? そのくらいのこと、私でも分かりますよ! 明日の約束が守られる世界じゃないから。橋本さんとしても、そんなことは何も期待してないと思います」と答えていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする