三女殺害、母に猶予判決=育児支援無く「非難できない」―大阪地裁

大阪市平野区で昨年1月、生後7カ月の三女を集合住宅の踊り場から落とし殺害したとして、殺人罪に問われた母親(37)の裁判員裁判の判決が18日、大阪地裁であった。坂口裕俊裁判長は「育児でサポートを得られなかった気の毒な面があり、強く非難できない」などと述べ、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。
坂口裁判長は、被告が2度にわたって高所から三女を転落させたと指摘し、「強い殺意があった」と判断。一方、被告には知的障害があり、4人の子どもの育児や家事で疲弊していたのに、家族らから適切な支援が得られなかったとした。
被告は事件当時、心神耗弱状態だったとされ、弁護側は「夫や義母が被告の帰宅を望んでいる」などと主張していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする