テレワークで腰への負担も 国内2800万人が悩む腰痛の最新治療法を慶応病院医師に聞いた

(写真提供:生化学工業)腰痛に悩む人々は全国で推定2,800万人いるといわれており、40代から60代では約4割にのぼる。そんな中、腰椎治療のエキスパートである慶應義塾大学医学部整形外科講師岡田英次朗医師によるメディア向けセミナーが開催された。
■椎間板ヘルニアの症状腰痛と一言でいってもさまざまなケースがあるが、今回のテーマは「椎間板ヘルニア」。腰の椎間板から髄核(ずいかく)が飛び出し、近くを通る神経を圧迫し、その結果、痛みやしびれがでる病気だ。

(画像提供:生化学工業)日本には患者が100万人以上いるといわれており、国内では毎年3万件以上の手術が行われている。椎間板ヘルニアは20~40歳代の比較的若い世代がかかりやすく、男性は女性に比較し2~3倍多い傾向にある。
関連記事:だいたひかる、骨の細胞が死ぬ「骨頭壊死」と診断 手術の可能性も示唆■椎間板ヘルニアになりやすいタイプ椎間板ヘルニアになりやすいタイプとしては、激しいスポーツをする人や同じ姿勢で仕事をしている人、肥満の人、喫煙者などがあげられる。特に「前かがみの姿勢」や「前かがみになって荷物を持ち上げる動き」は、腰椎へのストレスが大きくかかるといわれている。

(画像提供:生化学工業)その主な症状は、足の痛みやしびれ、腰痛だ。多くの場合、片側の足に症状が見られる。太ももの後ろからふくらはぎ、すねの外側などに痛みが走り、痛みの強さには個人差がある。

■まずは保存療法を選択治療は大きく「保存療法」と「手術療法」にわけられる。ヘルニアは自然に縮小したり、症状がおさまるケースもあるため、まずは安静や痛み止めなどの薬を使用する保存療法を選択する。ヘルニアの形態によっては約80%が自然消失するともいわれている。運動麻痺がある等の緊急手術必要性がある場合をのぞき、患者の症状や意向を確認しながら手術の可否を決定。■患者の10人に1人が退職生化学工業が腰椎椎間板ヘルニア患者男女400名に行ったアンケートでは、約6割の人は「手術に不安がある」と回答した。またこのアンケートで5人に1人が仕事を休職、10人に1人が退職に追い込まれている実態が明らかになった。そんな中注目されている最新の治療法が、「椎間板内酵素注入療法」だ。椎間板内に酵素を含んだ薬剤(ヘルコニア)を直接注射して、ヘルニアによる神経の圧迫を弱める。酵素の力で髄核内の保水成分が分解され、水分による膨らみが適度にやわらぐという。

(画像提供:生化学工業)その結果、神経への圧迫が改善し、痛みやしびれが軽減する。この新しい治療法は2018年から保険適用されるようになった。
■約8割に症状改善効果1回の注射を椎間板に打つのみで終了し、1泊入院か外来治療(日帰り)で行う場合がほとんど。仕事復帰は投与後2日程度で可能だ。実際に行った82例中70例(85.4%)で症状の改善がみられたという。

(画像提供:生化学工業)この治療は、脊椎外科の専門医のいる全国約1,000病院で実施可能。岡田医師によると、慶應義塾大学病院で実際に行った場合、約7万円程度(健康保険3割負担)で治療できるという。一般的な手術を行った場合は、入院する部屋にもよるが、約20万から30万円(健康保険3割負担)かかるとのこと。最後に、最近増えているテレワークによる腰痛予防策について、岡田医師は「パソコンのモニターの位置をパソコンスタンドなどを使って、目の高さに合わせることが有効」と述べた。 (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする