漫画『鬼滅の刃』 紙の海賊版がメルカリなどで流通 集英社が注意喚起

集英社は2月18日、吾峠呼世晴さんの人気漫画『鬼滅の刃』(全23巻)を違法に印刷した紙の海賊版が、インターネット上で流通していたと発表した。週刊少年ジャンプの公式Twitterで注意喚起している。

海賊版はメルカリやAmazonマーケットプレイスで全巻セットで販売されていた。正規品と比較した場合、「背幅(コミックスの厚み)が薄い」「4巻の表紙カバーの裏表紙の定価表記(本体400円+税)が罫線で囲まれていない」といった特徴があるという。

「いずれの海賊版セットも、同一の正規品をスキャンして制作されたものと思われます。同セット内の第1巻の奥付は『2020年6月30日第39刷発行』と確認しております」(同社)

事態を受けて、集英社では関係各所に海賊版排除のため協力を要請中。「海賊版のコミックス(コピー商品)を購入した場合、返品・交換などの対応はいたしかねます。コミックスご購入の際は、十分ご注意くださいますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする