ジムで女性にわいせつ容疑=消防士逮捕、他にも被害か―兵庫県警

トレーニングジムで女性利用者(25)の体を触ったとして、兵庫県警尼崎東署は18日、強制わいせつの疑いで、尼崎市消防局の消防士長、井本勝容疑者(49)=同市東園田町=を逮捕した。「わいせつ目的ではない」と容疑を否認している。
内閣府のホームページなどによると、ジムを運営するNPO法人の所在地は井本容疑者の自宅で、理事に同容疑者の名前が記載されていた。同署はジム内の防犯カメラ映像などを解析し、他にも被害者がいるとみて捜査している。
逮捕容疑は15日正午すぎ、同市東園田町のジムで女性を裸にさせた上、胸や陰部を触った疑い。
同署や尼崎市消防局によると、井本容疑者は女性の個人トレーナーを務め、体のサイズを測るなどの理由で服を脱がせた。許可を取っていれば、NPO法人の理事に就くことは可能という。
尼崎市消防局は「事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを発表した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする