伊達政宗の三日月折れる=仙台市博物館庭の胸像―福島県沖地震で

福島県沖で13日に発生した地震で、独眼竜で知られる仙台藩初代藩主・伊達政宗の胸像に被害が出ていたことが18日、仙台市博物館(青葉区)への取材で分かった。庭に設置された胸像の三日月の形をしたかぶとの前立てが折れていた。同館は展示室のガラスにひびが入るなどし、14日から臨時休館している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする