世帯年収1000~1200万円の慎ましい生活「車や時計は中古で購入」「手取りの半分は将来の貯蓄」

子どもの誕生をきっかけに、お金の使い方が変わった経験を持つ人は多いだろう。特に世帯年収1000万円以上の人たちは、食費や家賃などの水準は上げずに、子どもの教育費や家族サービスに支出を割く傾向がある。滋賀県の40代前半女性(メーカー系/正社員/世帯年収1200万円)は、
「3人の子どもの教育費にはお金をかけているが、日々の生活では贅沢していない」
「3人の子どもの教育費にはお金をかけているが、日々の生活では贅沢していない」
と打ち明ける。子を持つキャリコネニュース読者にとっては、子どものためにお金をかけることが幸せのひとつとなっているようだ。(文:大渕ともみ)
■「余った資金と時間は、ほぼ子どもの教育につぎ込んでいます」
埼玉県の30代後半男性(世帯年収1100万円)は「自分は自動車メーカーの正社員、妻は公務員。共働きです」と語る。2人の子どもに恵まれ、「余った資金と時間は、ほぼ子どもの教育につぎ込んでいます」といい、その金銭感覚を明かす。
「車や時計などの高額品は中古を購入。家だけは新築の一戸建てですが、これも中古にすれば良かったと後悔しています。旅行は行かないし、外食もしません」
「車や時計などの高額品は中古を購入。家だけは新築の一戸建てですが、これも中古にすれば良かったと後悔しています。旅行は行かないし、外食もしません」
堅実な男性は「贅沢を楽しみたい」という気持ちがまったくないようで、「『子どもが優秀なこと』が自分の満足。だから今の暮らしには、とても満足しています」と子煩悩な一面を垣間見せた。
■「年収1100万円くらいの層は損しているなとは思う」
三重県に住む30代後半の既婚男性(不動産・建設系/正社員)は世帯年収1100万円。夫婦と子ども2人の4人家族だ。「生活はゆとりがあるものの、教育費を考えるとそう贅沢はできないかな?」と明かすが、家族で楽しめる適度な“プチ贅沢”にはお金を惜しまない。

「家族旅行は国内なら毎年行けるし、年2回のボーナスシーズンは家族で高級外食もできる。自分の子ども時代は貧乏だったので、『子どもたちに同じ思いはさせたくない!』という気持ちが強い」
「家族旅行は国内なら毎年行けるし、年2回のボーナスシーズンは家族で高級外食もできる。自分の子ども時代は貧乏だったので、『子どもたちに同じ思いはさせたくない!』という気持ちが強い」
家族で仲良く過ごす日々に満足感を漂わせる男性だが、「ただ税金が高額だったり、高校無償化が対象外だったりするので、年収1100万円くらいの層は損しているなとは思う」と付け加えた。
ほかにも、
「お金のかかる趣味もなく、贅沢はせずに慎ましい生活。子ども2人がまだ小さいので、手取り収入の半分にあたる年間400万円くらいを将来のために貯蓄しています」(兵庫県/30代前半女性/IT・通信系/正社員/世帯年収1200万円)「基本的に贅沢はできない。所得制限で各種補助制度の恩恵が少ないため、子ども2人分の学費として貯蓄をしている」(神奈川県/30代後半男性/金融・保険系/正社員/世帯年収1000万円)
「お金のかかる趣味もなく、贅沢はせずに慎ましい生活。子ども2人がまだ小さいので、手取り収入の半分にあたる年間400万円くらいを将来のために貯蓄しています」(兵庫県/30代前半女性/IT・通信系/正社員/世帯年収1200万円)「基本的に贅沢はできない。所得制限で各種補助制度の恩恵が少ないため、子ども2人分の学費として貯蓄をしている」(神奈川県/30代後半男性/金融・保険系/正社員/世帯年収1000万円)
という声が寄せられている。
※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを実施しています。
—–
【あわせて読みたい】世帯年収400~600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする