不正に口座開設の男逮捕=SBI証券資金流出―大阪府警

インターネット証券大手のSBI証券で顧客資金が流出した問題で、偽造した健康保険証を使って不正送金先の銀行口座を開設したとして、大阪府警は18日、偽造有印私文書行使などの疑いで、住居不定のアルバイト山中和樹容疑者(39)を逮捕したと発表した。同容疑者は既に起訴され、府警は同日までに、別の口座開設に関与した疑いで同容疑者ら2人を再逮捕するなどした。
1度目の逮捕容疑は昨年8月、大阪府門真市で、偽造した健康保険証を使ってゆうちょ銀行口座を開設した疑い。
府警によると、山中容疑者は大阪市内の民泊施設で知り合った男から偽造した保険証を受け取ったと話し、容疑を認めているという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする