40代で未経験業種へ転職して後悔「PR職の求人だったのに、新聞の勧誘だった」「正直前の仕事に戻りたい」

■「入社前の説明と実態が違った」「仕事が合わなかった」
未経験の職場に転職してよかったと考えている人は計78.8%にのぼる。
「やりがいのある仕事なのと、時間の融通が利くので、家庭との両立にとても助かっている」(40歳・女性)「未知の業種には、それまで縁のなかった色々な人がいて自分の価値観が変わった。収入と人間関係どちらも良くなった」(40歳・女性)
「やりがいのある仕事なのと、時間の融通が利くので、家庭との両立にとても助かっている」(40歳・女性)「未知の業種には、それまで縁のなかった色々な人がいて自分の価値観が変わった。収入と人間関係どちらも良くなった」(40歳・女性)
視野の広がりや価値観の変化、やりがいを感じるといった意見が多かった。転職して悪かったという2割の人からは、
「『PR職・顧客の管理』と求人にあったが、いざ転職したら新聞の勧誘だった。頑張ってはみたが1週間で退職した」(43歳・女性)「研修期間にも給与が出るなど良心的な企業だったが、いかんせん仕事内容が自分には合わなかった」(49歳・女性)「あまり考えずに転職してしまった。正直前の仕事に戻りたい」(41歳・男性)
「『PR職・顧客の管理』と求人にあったが、いざ転職したら新聞の勧誘だった。頑張ってはみたが1週間で退職した」(43歳・女性)「研修期間にも給与が出るなど良心的な企業だったが、いかんせん仕事内容が自分には合わなかった」(49歳・女性)「あまり考えずに転職してしまった。正直前の仕事に戻りたい」(41歳・男性)
といった声が寄せられた。「入社前の説明と実態が違った」「仕事が合わなかった」など描いていたイメージとのギャップに苦しんだという人が多いようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする