2021年1月は、『2つ』の吉日が重なる貴重な月 それはこの日!

新年を迎え、「何か新しいことを始めたい!」と思う人も多いですよね。
何かを始めるのであれば、『天赦日(てんしゃにち)』と『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』が重なる日、2021年1月16日がオススメです!
天がすべての罪を許すといわれる最上の吉日、天赦日。
1年に数回しか訪れない開運日で、『新しいことを始めたり、ためらっていたことに挑戦したりするにはもってこいの日』です。
※写真はイメージ
中でも、2021年1月16日は天赦日と、大安に並ぶ縁起のよい吉日とされる一粒万倍日が重なる1日。
『手元にあるわずかな物で始めたことが何倍にも膨らむ』とされる一粒万倍日はほかの吉日と合わせることで、さらに効果が期待できるといわれています。
2021年は、天赦日と一粒万倍日が重なる日はたった3日のみ。そんな開運日に行うとよいとされるものがこちらです。
・出資などのお金の支出に関すること
・開業
・お祝いごと
・財布の新調
・今までためらっていたことを始める
すぐに開業するのは難しいですが、今までやらずにいたことを始めるのはできそうです。
少しでも素敵な1年になるように、開運日と合わせて行動してみるといいかもしれませんね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする