原発設置変更許可「効力停止」を=大飯3、4号機で住民申し立て―大阪高裁

関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について、同県などの住民らは14日、原子力規制委員会による設置変更許可の効力を停止するよう大阪高裁に申し立てた。大阪地裁が先月、許可処分を取り消す判決を出したが確定しておらず、住民側は控訴審判決が出るまでの効力停止を求めている。
大阪地裁は昨年12月、地震規模の想定に関し、平均値より大きくなる「ばらつき」を考慮しなかった規制委の判断過程に看過しがたい過誤があると指摘。処分を違法と判断し、国が大阪高裁に控訴した。地裁判決の効力は確定まで生じない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする