橋下徹氏「政府が出す緊急事態宣言と各地域が独自に出す緊急事態宣言が入り乱れて最悪な状況」

元大阪府知事の橋下徹氏が14日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大により11都府県で緊急事態宣言が発出される中、熊本県が独自の緊急事態宣言をしたことについて見解を示した。
この状況を橋下氏は「政府が出す緊急事態宣言と各地域が独自に出す緊急事態宣言が入り乱れて最悪な状況」と表現し、「それは両方とも同じこと(要請)をやれるから。本来、緊急事態宣言とは、それを出さなければ平時ではできないことをやるために発するもの。本来は有事のものなのに、日本の緊急事態宣言は平時のことしかできない」とツイートした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする