菅直人元首相、菅義偉首相のコロナ対策に苦言「中途半端で失敗。まさに『あぶはち取らず』」

立憲民主党の菅直人元首相が14日、自身のツイッターを更新。菅義偉首相の新型コロナウイルス対策について見解を示した。
菅元首相は「(1)菅(すが)総理の迷走が続いている。もともとコロナ感染の拡大阻止策と経済対策とは性格が異なり、相互に矛盾する面がある。まずは感染拡大阻止を最重点に置き、そのために損害を被った人には財政的に補填すべき」とし、続けて「(2)それを感染拡大防止策と経済対策の両方を同時に進めようとして、結果的には両方とも中途半端で失敗。まさに『あぶはち取らず』になっている。もう一度原点に戻って、感染拡大の阻止を第一において、生じた損失は財政的に補填することを明確に約束すべきだ」とツイートした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする