土砂崩落で作業員2人死亡=高架橋の耐震工事中―栃木

14日午後3時ごろ、栃木県那須塩原市の高架橋の耐震補強工事現場で土砂が崩落し、作業員の男性2人が巻き込まれたと119番があった。2人は救助され病院に搬送されたが、死亡が確認された。県警那須塩原署が詳しい事故原因を調べている。
同署によると、死亡したのは同市の会社員(25)と横浜市の20代会社員。
現場は東北自動車道黒磯板室インターチェンジの南側にある、東北道をまたぐ高架橋。橋の耐震補強のため橋脚付近を掘り起こした穴の中で作業していたところ、土砂が崩落したという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする