米動物園でゴリラがコロナ 大型類人猿初 3頭せき症状…無症状の職員から感染か

米カリフォルニア州サンディエゴ郊外にある動物園「サンディエゴ・ズー・サファリ・パーク」で、複数のゴリラが新型コロナウイルスに感染したことが分かった。同園が11日、発表した。無症状の職員から感染した可能性がある。動物の新型コロナの感染はこれまでにも確認されているが、同園は「大型類人猿への自然感染が判明した初のケース」だとしている。
現地メディアなどによると今月6日、園内の2頭のゴリラがせきの症状を示したという。その後、ふんを調べたところ、8日の暫定結果でウイルスが検出された。さらに11日になって農務省の機関が正式に陽性であることを確認した。ペットなどにも新型コロナ感染が見られる中、同園は「大型類人猿への自然感染が判明した初のケース」だとしている。
現在は全部で3頭にせきの症状が見られる。同園の関係者は「せきとうっ血の症状があるが、それ以外は問題はない。重症化するかどうかは分からない。通常通り飲食をしており、完全に回復することを期待している」とコメントした。ゴリラは人間とDNA配列が酷似しているといわれる。
感染の理由について、同園は野生動物保護チームの職員からうつった可能性が高いと推測。職員は無症状だが陽性反応が出ているという。園は新型コロナの感染拡大を理由に、昨年12月6日から閉園していた。
職員はゴリラと接する時にはマスクをしていたが、現在はさらにフェースシールドやゴーグルの装着も義務付けている。また、ゴリラは集団生活をすることから無症状の他のゴリラも感染している可能性は否定できず、現在すべての個体のふんを採取し、検査をしている。PCR検査など人間と同じ検査はできないという。

同園は1972年からゴリラを展示。4歳から45歳まで雄3頭、雌5頭の計8頭のゴリラがいる。ゴリラの群れは他の動物から隔離されており、ビタミン剤などは投与するが特別な治療はしない。重篤な症状を示した場合に備えて新型コロナの専門家と連絡は取り合っているが、関係者は「ゴリラは野生動物なので、独自の回復力を持っている。人間と異なる方法で、治癒することができるのでは」と“野生のパワー”による完治を願っている。
◆大型類人猿 霊長類の中でヒトに近い形態を持つ類人猿のうち、小型のテナガザル科を除く生物の通称。アフリカに生息するボノボ、チンパンジー、ゴリラ、南アジアの森林で生活するオランウータンの4種を指し、いずれも絶滅危機にひんしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする