ノンフィクション作家・半藤一利さんが死去 90歳

「日本のいちばん長い日」などの著作で、昭和史研究の第一人者として知られるノンフィクション作家の半藤一利(はんどう・かずとし)さんが12日午後、東京都世田谷区の自宅で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。関係者への取材で分かった。90歳だった。
半藤さんは1930年、東京市(現・東京都)生まれ。53年、東大文学部卒業後、文芸春秋に入社した。「週刊文春」編集長、月刊誌「文芸春秋」編集長などを歴任し、89年に専務。95年に退社して後に常任顧問となった。
編集者としての仕事の傍ら、太平洋戦争や昭和史の研究に取り組んだ。太平洋戦争終戦の45年8月15日の玉音放送までの攻防を克明につづった「日本のいちばん長い日」を刊行。同作は67年、2015年と2度にわたって映画化される代表作になった。
鈴木貫太郎を中心として敗戦を描いた85年の「聖断―天皇と鈴木貫太郎」は「そして戦争が終った」としてドラマ化された。エッセー「漱石先生ぞな、もし」で93年に新田次郎文学賞受賞。39年のノモンハン事件を描いた98年の「ノモンハンの夏」で山本七平賞を受賞した。09年の「昭和史」はベストセラーとなった。
15年に菊池寛賞を受賞。NHK「その時歴史が動いた」などテレビにも度々出演した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする