カメラ+ペヤングで化学反応? 地元愛する「町の写真家」の遊び心に反響

群馬・富岡で「カナイ写真店」を営んでいる金井哲朗さんの写真が、ネット上のユーザーから関心を集めている。写真のクオリティもさることながら、注目されているのはそのオリジナリティ溢れる「照明機材」にある。
画像をもっと見る■とっても自然な柔らかな光

4日、窓辺に座り、カメラを優しい笑顔で見つめる女性のポートレートショットを、ツイッターに投稿した金井さん。窓からの光に加え、カメラ側からのストロボ照明が柔らかな光となって彼女を包み込んでおり、その絶妙な陰影が印象的だ。この写真、じつは照明機材にカップ焼きそば「ペヤング」の空き箱を利用した奇跡の一枚。金井さんは「上下左右背面が絶妙に透過しているので、被写体にはとても柔らかい光が当たります」とプロ目線で解説しており、写真3枚目では外付けストロボ上部にデカ盛りペヤングの空き箱がセットされている写真も掲載されていた。ペヤングの空き容器で作ったディヒューザーです。上下左右背面が絶妙に透過しているので、被写体にはとても柔らかい光が当たります。#ポートレート #godox#godoxuser_japan pic.twitter.com/2rSHjTbLnf te_tsu_law (@te_chu_law07) January 4, 2021
関連記事:未知のペヤングと遭遇した煉獄さんが話題 「うまい!」が飛び出すと思いきや…■超超超超超超大盛がおすすめ

ディフューザーは、カメラのストロボ(フラッシュ)部分に装着し、光を和らげたり、時に拡散させたりする人物撮影時の必須アイテム。1つ数千円から大きな物だと数万円するケースもあるが、「ペヤング食べた後に再利用しているので実質ゼロ円です」と金井さんはそのコスパについて説明する。

それにしても、なぜペヤングの超大盛りの空箱を再利用しようと思ったのか。「ある撮影のとき、デュフューザーをうっかり忘れてしまい、現地でどうにかストロボ光をコントロールできないものかと考えているときに思いつきました。白くて適度に光も反射する。形も似ているし代用できそうと(笑)」(金井さん)。■「発想がすごい」の声

その作例を何気なくネットに投稿すると、ツイッターとフェイスブックで反響が相次ぎ、「イノベーション!」「発想がすごい」「UFOやったら丸いキャッチライトになる」「次の撮影会これつかおうかな?」とコメントが次々寄せられた。

そんな感想が上がっていることを伝えると、「群馬に住む私にとって『ペヤング』を出している『まるか食品』さんは地元・群馬の宝。大好きなペヤングがこんな形で注目されることになるとは正直驚きました…!」と深い地元愛を明かしていた。

現在は丸いカップ麺タイプや、ビッグマックの空き箱が代用できないか、あいた時間を使って試行錯誤を繰り返しているという。「写真はいろいろな形があって、確たる正解はない。僕もネット上でいろいろな写真の情報や知恵をいただいています。写真や撮影に興味を持ってくれる未来のカメラマンが一人でも増えてくれたら嬉しいですね」(金井さん)。次回はビッグマックの箱を加工した反射板の話。#ポートレート #godox#godoxuser_japan #McDonaldsJapan #マクドナルド pic.twitter.com/OLPtrobJ5U te_tsu_law (@te_chu_law07) January 8, 2021
■その他の作例もすごかった…

今回提供してくれた写真は、すべて地元の一般人やモデルということだが、「写真店を長年やってますので、みんな小さい頃から知っている子たちばかり。小さな街ですし、多くの方に支えていただいていると感じます」とニッコリ。

新型コロナウイルスの影響で各地の成人式は縮小ムードだったが、このたびの成人記念撮影でカナイ写真店を選ぶ若者も多かった。

「本当に感謝です。ぜひみんなの記念にも残るので、記事で使ってあげてください」と言葉を添え、記者の元には掲載許諾をとってくれた“ペヤング活用写真”が多数送られてきた。写真と地元を心から愛する金井さんの活動は、今後も多くの人に笑顔を与えそうだ。久々のカメラマンの独り言です。
昨日、地元では成人式が開催されました。その後はウチのスタジオでプチ同窓会が恒例ですが、彼らの様子を見ていて『やはり成人式は必要だな』と思いました。コロナの脅威はまだまだ続いていますが、デジタルを介しては伝わらないものは確実にあると思います。 pic.twitter.com/A0SsQfqc2A te_tsu_law (@te_chu_law07) January 11, 2021
(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする