軽自動車ユーザー85%が「次も軽に乗りたい」

Hondaは1月12日、「軽自動車あるある」をテーマとした調査結果を発表した。調査は2020年11月11日~12日、軽自動車を日常的に運転している男女500名(性年代別に均等割付)を対象にインターネットで行われた。

軽自動車のメリットを教えてもらったところ、1位「運転しやすい」(76%)、2位「維持費が低い」(62%)、3位「狭い道でも走りやすい」(60%)という結果に。次いで「駐車がしやすい」(59%)、「小回りがきく」(58%)と続き、操作性の良さを中心とした総合力の高さにメリットを感じていることがわかった。

続いて、軽自動車ならではのメリットやよく体感することについての「あるある」実感率についても調査を実施した。その結果、燃費の良さや維持費の低さによる「お得感」(87%)、一見駐車が難しそうな狭いスペースでも難なく駐車ができる「コンパクト駐車」(85%)、車体のサイズ感ゆえの操作性の楽さやストレスの少なさの「身軽さ」(82%)が上位に。

また、「軽専用駐車」(80%)のスペースに停められることや、装備や走行性など「意外にできる感」(76%)という声も8割程度あり、維持費などのメリットだけではなく、取り回しのしやすさや走行性といった機能面でも大きく支持されていることが伺えた。

最後に、「今の軽自動車(自家用車)を買い換えるとしても、次もまた軽自動車に乗りたい・検討したいと思いますか?」と質問すると、85%もの人が「そう思う」と回答した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする