小倉智昭「ネットの言葉がきつい」 視聴者からは「小倉さんでさえ…」「考えさせられる」

2021年1月13日放送の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)で、同年3月26日をもって、同番組の放送を終了すると発表。
視聴者からは番組終了を惜しむ声が上がりました。
1994年4月から同番組のMCを務めている小倉智昭さんは、22年前の映像を振り返りながらこのように語っています。
今日のスポーツ誌で、大変大きく取り上げていただいたんですが、『とくダネ!』が足かけ22年、3月いっぱいで終了することになりました。
本当にみなさんには長い間ご覧いただいたんですが。
この映像、20年前ってのはね、だぶだぶの服を着るのが流行っていたんですよ。
古い感じがするよね。この頃、むしろ大病してるんじゃないかっていうくらい、私は細いんですけども。
まあ、次の世代の人にね、ここのキャスターっていうポジションを譲って、新たなる番組がスタートしてくれるといいのかなあと思っているんですが。
最近、ちょっと切っ先が弱くなってですね、やや保身に走るきらいがありまして。
病気してからネット情報とか見るようになっちゃったんですね。
そうするとやっぱりね、「老がいじゃないか」とか「ボケてんじゃないか」という言葉がきついものなんですよ。
で、お年寄りの政治家を見ると「あーやっぱり、歳を取るとだめだなあ」なんて、少しずつ思うようになりました。
そんなこともあって、私はそろそろいいのかなって。
ただ、まだ残りはありますから、騒ぎます!

とくダネ! ーより引用
長年、朝の顔として視聴者に情報を伝え続けてきた小倉さん。
歳を取るにつれて、ネット上での誹謗中傷が目に入り、心を痛めていたことを明かしました。
同番組の放送終了のニュースに、多くの人が「ショック」「さびしいな。終わってほしくない」といった声を上げています。
・8歳だった僕が30歳に。中学、高校、大学時代は家族と、そして社会人になった今は妻と見ていました。終わるのはさびしいです。
・朝の情報番組といえば『とくダネ!』で、小倉さんの「おはようございまーす!」の挨拶。それが聞けなくなるのかと思うと切ない。
・終わっちゃうのかー、ショック…。とにかく、お疲れ様です!小倉さんの毒舌、大好きですよ!
・小倉さんも、ネットの心ない言葉に傷付いていたのか…。考えさせられるなあ。
『とくダネ!』が番組終了するまで「騒ぎます!」と意気込みを表明した小倉さん。
長寿番組を長年支え続けた小倉さんの姿を、最後まで見守りたいものですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする