幼稚園児の娘を撮影した父親 5年後の『変化』に、ほろり

四季の移ろいを感じさせる、さまざまな光景を撮影し、Twitterに公開している、しんご(@shingo_camera)さん。
奈良県桜井市にある長谷寺で、5年の時をかけて撮影された写真が反響を呼んでいます。
しんごさんは、娘さんが6歳の頃に、紅葉があたりを染める寺で1枚の写真を撮影しました。
それから時が経ち、娘さんは10歳に。季節の移ろいとともに、少しずつ娘さんの成長していく様が収められた、こちらの作品をご覧ください。
5年かかってようやく撮れました。秋の紅葉、夏の新緑、春の桜、冬の雪。最初に紅葉を撮ってから雪を撮る間に娘も6歳が10歳になり、シルエットからも成長を感じます。これで撮るのをやめるわけではありませんが一つの目標が叶った瞬間です。並べると今までの思い出が思い出されて溢れそうです。 pic.twitter.com/gwp64K9yww
鮮やかな四季折々の背景に、浮かび上がる娘さんのシルエット。少しずつ身長が伸びていっているのが分かりますね。
しんごさんは「並べると、今までの思い出が思い出されてあふれそうです」とコメントをつづっています。
写真に対し、ネット上では「娘さんが大きくなっていくのが感慨深い」「愛にあふれているね」「感動した」といった声が寄せられました。
娘さんの健やかな成長を喜び、いつくしむ親の想いが込められた4枚の写真は、多くの人の心に響きました。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする