「専業主婦の妻がパートでもしてくれたら……」年収1000万円、タワマン高層階に住む40代男性の嘆き

世帯年収1000万円のキャリコネニュース読者は、現状の生活についてどのように感じているのだろうか。都内に住む年収1000万円の40代後半男性は「23区内、駅近の賃貸タワーマンションの高層階に住んでいる。通勤の便がいい」と満足げだが、
「住居費が高すぎて、ほかのことにあまりお金を使えない。妻が専業主婦なので、パートでもしてくれたら……」
「住居費が高すぎて、ほかのことにあまりお金を使えない。妻が専業主婦なので、パートでもしてくれたら……」
と、ちょっとしたボヤキも漏らしている。今回は、年収1000万円のキャリコネニュース読者から寄せられたリアルな生活感を紹介しよう。(文:大渕ともみ)
■同じ世帯年収1000万円でも生活レベルに大きな差
「世帯年収1000万円ですが、子どもが2人おり、全然裕福ではありません。今後が大変心配です」(神奈川県/40代後半女性)と不安を抱える人がいる一方で、「欲しいものは悩まず、いつでも好きに買えます」と豪語する人もいる。埼玉県に住む、世帯年収1000万円の30代後半男性だ。
男性には子どもが1人いるが「子どものおもちゃの数がとても多い」と、どこか誇らしげな様子。現状の生活に十分満足しているらしく、
「年に数回は旅行に行けるし、たまになら高級ホテルにも泊まれます。ときには高級ホテルでの食事もしますよ」
「年に数回は旅行に行けるし、たまになら高級ホテルにも泊まれます。ときには高級ホテルでの食事もしますよ」
と、たまのプチ贅沢を楽しんでいることを打ち明けた。
同じ世帯年収1000万円でも、子どもの人数や住む場所などによって、生活レベルに大きな差が生まれるのかもしれない。
■「車もないし、ブランドものの服やバックなんて1つもない」

世帯年収1000万円でも東京都内に暮らす場合は、そう贅沢もできないようだ。都内在住の40代前半男性は「世帯年収1000万円でも、何ひとつ贅沢なんてできない」と嘆きの声を上げる。
「車もないし、ブランドものの服やバックなんて1つもない。 仕事柄スーツを着なくていいので、スーツは持っていない」
「車もないし、ブランドものの服やバックなんて1つもない。 仕事柄スーツを着なくていいので、スーツは持っていない」
男性は既婚者で、子どもが1人いる。住まいの詳細については触れられていないが、住居費の高い都心においては、子ども1人を養うのもラクではないのだろう。
ほかにも、都内に住む世帯年収1000万円のキャリコネニュース読者からは、
「未就学児が3人おり、これからが不安。遠出の旅行は行かず、近場で済ませている」(30代後半女性)「子どもが1人。都内暮らしなので余裕はない」(30代後半男性)
「未就学児が3人おり、これからが不安。遠出の旅行は行かず、近場で済ませている」(30代後半女性)「子どもが1人。都内暮らしなので余裕はない」(30代後半男性)
という声が寄せられている。世帯年収が1000万円以上でも、住まいをどこに構えるかは慎重に考えるべきかもしれない。
※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。
—–
【あわせて読みたい】「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600~800万円の男性陣世帯年収600~800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする