宮城県石巻市がRPG化 冒険を通して名所や名産品に触れられるスマホアプリで地方創生

宮城県石巻市をモデルにしたゲームアプリ「石巻市地方創世RPG(仮)」が、Twitterをきっかけに注目を集めています。ファンタジーな石巻市を巡る冒険が、AndroidとiOSで3月開幕。

同作は、魔法の才能を持つ少年が仲間との出会いを経て、石巻の危機を救う旅へ臨むRPG。石ノ森萬画館や齋藤氏庭園、金華山といった観光名所のほか、ホヤやカキ、石巻やきそばなどの名産品が物語の随所に登場します。

作中に登場する名所を実際に訪ねると、ゲーム用アイテムがもらえる仕組みも。ゲームとリアルの両面から、石巻市観光を楽しめます。

Twitterでは、モンスターデザインや魔法の名前の一般公募が話題に(現在は締め切り)。以前も埼玉県や兵庫県淡路島のRPGで好評を博した井桁屋が開発担当とあって、期待の声も寄せられています。

編集部は石巻市を取材し、企画の経緯などを聞きました。

―― なぜファンタジーRPGで石巻市の魅力をPRしようと考えたのでしょうか?

石巻市 石巻市はこれまで「萬画(マンガ)の街」として、石ノ森章太郎先生のミュージアム「石ノ森萬画館」を中心に、萬画を生かした町作りを推進してきました。そのような経緯があるなか、昨年度の「いしのまき政策コンテスト」において、地元高校生から「アプリを活用した町作り」という提案をいただきました。

そこから着想を得て、石巻に根付いている萬画への愛着をベースに、若年層などの新たなターゲットを獲得する試みとして、この企画は始まりました。ユーザーがゲームの主人公になったつもりで石巻を冒険しながら、その歴史や文化を楽しく学ぶことができて、興味・関心を持っていただけることから、RPGという手法が良いのではないかと考えています。

また、ゲームの王道であるファンタジーの世界観で石巻の街を創り上げることで、現実とはまた違ったゲームならではの世界観を味わっていただきたいという思いもあります。

―― 具体的に「ファンタジーの世界観に合うのではないか」とイメージした観光名所などがあれば教えてください

石巻市 石巻初の百貨店「旧観慶丸商店」です。約80年にわたり陶器店として市民に親しまれ、現在は「石巻市有形文化財」として、石巻の歴史や文化についての文化発信拠点となっています。

約90年前に建てられた洋風建築物で、木造でありながら、外壁には様々な種類のタイルを使用しています。スペイン瓦や丸窓、アーチ窓を有する外観が、ファンタジーの世界観にピッタリだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする