道職員を加重収賄容疑で再逮捕=親族宅の工事費負担させる―北海道警

北海道発注の土木工事をめぐる官製談合事件で、道警は13日、入札情報を漏らした見返りに、親族宅の庭の舗装工事費を負担させたとして、加重収賄容疑で、道農政部農地整備課主任の山田修容疑者(36)=札幌市、官製談合防止法違反罪などで起訴=を再逮捕した。
また、贈賄容疑で無職谷口修容疑者(55)=苫小牧市、公契約関係競売入札妨害罪で起訴=も再逮捕した。道警は2人の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は、山田容疑者が胆振総合振興局農村振興課(室蘭市)に在籍中の2018年4月に行われた同局発注の農業土木工事の一般競争入札で、建設会社「北海土建工業」(苫小牧市)に勤めていた谷口容疑者に工事価格を教示。その見返りとして同年5~6月ごろ、山田容疑者の親族宅の庭の舗装工事費のうち90数万円を、谷口容疑者側が負担した疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする