コロナ影響で年賀状の数が減少か 代わりに「現金封筒」が爆増した理由

コロナ禍で迎えた初の年末年始。新型コロナウイルスの影響で、「新年の挨拶」の形態も大きく変わりつつあるようだ。
■減ってしまったものと増えたもの6日、歴史好きな内科医・馬渕まりさんは「知り合いの郵便局の人に聞いた話『今年は年賀状少なかったですよ。そのかわり多かったのは…』さて何でしょう」とツイート。こちらのクイズに対しては「ゆうパックや小包?」「お歳暮ですかね?」といったリプライが多数寄せられていたのだが、惜しくもこれらの回答は全てハズレで、正解は「現金書留」だったという。答えは現金書留でした。
みんな帰省しなかったんですね https://t.co/mIbRWe00rA 馬渕まり歴女医 (@rekijoymary) January 6, 2021
関連記事:『ミヤネ屋』台風接近前に必ず「現金」の用意を その理由にハッとする■コロナ禍の現代ならではの…子供たちにとって、クリスマスのプレゼントや新年のお年玉は、とても重要な存在。しかし今年はコロナの影響を鑑みて「リモート帰省」などの方法が採用されるケースも非常に多かった。そうなると親戚がお年玉を渡すことも不可能になってしまうワケだが、子供たちを思いやって「現金書留」でのお年玉が増加したことは想像に難くない。果たしてどれほど現金書留の件数が増加したのか…。日本郵便株式会社に詳しい話を聞いた結果、驚きの事実が明らかになった。■圧倒的な増加量実際に「例年と比べて現金書留の件数が増えているのか?」は、何とも気になるポイント。こちらを訊ねてみたところ、なんと書留に使用する現金封筒の販売数は、12月の単月だけで見ても対前年で約1.6倍に増加していることが分かった。担当者は「それに伴って、現金書留の差出も増えていることが推測されます」とコメントしている。
■「現金を送る」際の注意点今回ピックアップした「現金書留」以外の方法では、「郵便為替」も現金を送付する手段となる。また改めて言うまでもないが、現金を送付するには決まった手順が必要となり、これら以外の方法で現金を送る行為は違法となるので要注意。お年玉の送付を考えていたものの、現金書留を今まで利用したことがない…という理由で二の足を踏んでいる人がいれば、「郵便局の窓口で『現金封筒』をご購入頂き、同じく郵便局の窓口で差し出して頂きますようお願いします」という日本郵便のアドバイスを参考にしてほしい。

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする