静岡・駿府城公園で着物のファッションショー 公募モデル10人が参加

「着物でファッションショー」が成人の日の11日、駿府城公園内で行われた。静岡市在住の公募モデル10人が、色華やかな着物を身にまとった。コロナ対策でフェースシールドをしながら城内を練り歩き、城内の庭園などで写真撮影に応じた。主催した静岡市まちづくり公社まちづくり支援課の山梨邦久さんは「コロナ禍でやめてしまうのは簡単だけど、“WITH・コロナ”で対策をしっかりして開催に踏み切った」と、説明した。
今月中に20歳となる小沢綾花さんは、知人の紹介で公募。「多くの人に写真を撮られてちょっと、恥ずかしかったけど、成人を祝ってもらえたようで良かった」と、はにかんだ。昨年11月に成人の記念に写真を撮影。祖母から受け継がれた白をベースにした振り袖を着用したが、今回は黒を基調とした着物に身を包んだ。「二十歳でやりたいこと? 和服を着るために髪を伸ばしていたので、まずは、髪を切りたいです」と、話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする