全国最多3万6853人新成人の横浜市は分散開催…コロナ厳戒成人式

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、列島各地は11日、成人の日を迎えた。式典を中止や延期とした自治体がある一方、屋外やオンラインでの開催など、「節目の日」は新成人にとって異例ずくめとなった。緊急事態宣言が発令されている東京都杉並区や横浜市では感染対策を徹底し、人が集まる形で開かれた。
全国最多の3万6853人の新成人を抱える横浜市は、会場を分散するなどの対策を講じて予定通り開催した。
例年“マンモス成人式”と呼ばれ、横浜アリーナで行っていた式典を、今年は同会場とパシフィコ横浜ノースの2会場とし、さらに各4部制に分散。入場時には検温と消毒を実施したほか、前後左右で席の間隔を1席ずつ空け、国歌などは静聴にとどめるなどの対策が取られた。
林文子市長(74)は帯状疱疹(ほうしん)と診断され10日に入院したため、式典での市長メッセージは代読となった。林氏は緊急事態宣言下での開催について「新成人の責任と節度ある行動を信じ、一生に一度の節目を皆でお祝いしたいという強い思いから開催を決断した」とし、式典後の会食は自粛するよう求めた。
約20分で終了した式典後は、マスク姿の新成人の多くが帰路に就いた一方で、会場周辺で滞留したり、ファミレスなどで飲食をする新成人の姿もあった。この日、友人3人と式典に出席した同市青葉区在住の女性は「行くかどうか迷ったし、親には反対されたけど、振り袖や美容院も予約していたし、行くことにした。夜に25人くらいでやる予定だった小学校の同窓会は来月に延期になった」と明かした。(奥津 友希乃)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする