小倉智昭氏、杉並区など成人式大騒ぎで報道の抑止力を疑問視「我々の力は何なんだろう。無いのかな」

12日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・午前8時)では、新型コロナウイルスの感染拡大により東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で緊急事態宣言が発出されている中、11日に行われた成人式の様子を報じた。
この日の番組では、東京都杉並区や神奈川県横浜市の成人式で、酒を回し飲みをするなど大騒ぎする新成人の様子を報じた。
映像を見たフリーアナウンサーの小倉智昭氏は「毎年、成人式の直後には一部の若者の常軌を逸した姿を取り上げるのですが。かといって抑止力になっているわけでもなく。私はいつも放送しならがら『我々の力は何なんだろう。やっぱり、無いのかな』と思ってしまう」と毎年同じような騒ぎが起こることを嘆いた。
「同じ様に、緊急事態宣言の中の行楽地に人出があることを放送するじゃないですか。でも(人出が)減らないですよね」と話し、「我々のポジションって、力がないということなんだろうかね。ただ伝えればいいんだろうか」と報道が抑止力になっていないのではないかと疑問視した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする