5G技術不正持ち出し容疑 元ソフトバンク社員逮捕

ソフトバンクが持つ次世代通信規格「5G」などの技術情報を不正に持ち出したとして、警視庁生活経済課は12日、不正競争防止法違反(営業秘密の複製領得)の疑いで、同社元社員で現在は楽天モバイルに勤める合場邦章容疑者(45)=横浜市鶴見区仲通=を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は2019年12月31日、自宅で自分のパソコンを使ってソフトバンクのサーバーに接続。同社の営業秘密に当たるネットワーク情報ファイルをメールで自分自身に送信し、不正に持ち出した疑い。
同課によると、持ち出されたソフトバンクの技術情報には、5Gや効率的な無線基地局整備に関するものが含まれていたという。同課は、合場容疑者が楽天モバイルへの転職後にこれらの情報をどう活用したか調べている。
合場容疑者は04年にソフトバンク入社。技術職として働き、19年12月31日に退社していた。20年1月からは楽天モバイルで働いている。
ソフトバンクから同年3月、「退社した社員が営業秘密を持ち出したようだ」と警視庁に相談があり、同課が捜査していた。
5Gは20年3月にサービスが始まった第5世代通信規格の略称。現在主流の4Gに比べて通信速度が最大100倍となり、現在5分程度かかる2時間の動画のダウンロードが数秒でできる。ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクが同月にサービスを開始し、半年後に楽天モバイルも参入。現在は利用エリアが限られるため、携帯各社は基地局の拡大を進めている。
ソフトバンクの話 楽天モバイルが当社の営業秘密を既に何らかの形で利用している可能性が高いと認識しており、営業秘密の利用停止と廃棄などを目的とした民事訴訟を提起する予定だ。(逮捕された)元社員への損害賠償請求を含めた措置も視野に入れ、今後の対応を検討する。
楽天の話 (逮捕された容疑者は)楽天モバイルに在籍しているが、事実関係を確認中のためコメントは差し控える。警察の捜査には全面的に協力する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする