感染対策に『罰則』必要? カズレーザーが『街の声』に抱いた疑問とは

2021年1月7日、政府は新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が広がる埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県を対象に同月8日~2月7日までの期間、緊急事態宣言を発令しました。
今回の緊急事態宣言では、飲食店に対し時短営業が要請されていますが、学校の休校はなく、イベントなども、人数制限をすれば開催も可能です。
前回の発令時に比べると、日中外出している人の数は多いようで、「もっと制限を厳しくしたほうがいいのでは」という声も聞かれます。
情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)では、「コロナウイルスの感染対策を徹底するため、違反者に対し罰則を設けるべきか」について議論を行いました。
番組では、韓国やイギリスなど海外の例を紹介。「マスクをせずに外出」「複数人での会食」などの行動が法律で禁止されている国もあり、違反した場合は罰金などの罰則が科せられます。
日本でも同様に感染対策を法律で規定し、罰則を設けるべきという意見もあるようです。
そこで、番組が感染対策をしない人に対し『罰則』を設けることについてアンケートを実施したところ、7割近くが「罰則に賛成」という結果でした。
また、街頭インタビューでは「法に触れていない以上は、関係ないけど、罰則ができたら守る」といった声も上がっています。
コメンテーターを務める、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーさんは「こういった議論が上がるのは仕方がない」と述べています。

さっき、渋谷でのアンケートで「これは合法なので外に出るけど、罰則ができたら外にでない」っていっていて、ロジカルなのかなんなのか、そんなに行動が変わるのか疑問なんですけど。
罰則に対して、国民は拒否反応があると思うんですけど、例えば『歩きたばこ』もすごい反対があったけど、結局みんなやらなくなった。
ものは違うんですけど、期間をちゃんと規定できたり、こういうゴールを見つけたら法案を失くせるとか、ちゃんとできるのかどうか分からないですけど、一時的な罰則規定はもしかしたら有効なんじゃないかと思えるんですけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする