コロナ下の「メリハリ消費」ランキング ちょっといいお酒や家電を抑えて1位になったのは?

サントリービールは1月12日、全国の20~50代の男女1000人を対象に実施した「2021年 ニューノーマル時代のメリハリ生活の実態」の調査結果を発表した。

「2021年に生活の中で新しく意識したい、また新たにやってみたいこと」を尋ねると、「健康に気を遣う」(41.9%)という回答が最も多く、「生活にメリハリをつける(時間の有効活用)」(38.8%)、「ポジティブ思考で物事を考える」(35.2%)と続いた。

「2021年はこれまでよりメリハリをつけた生活を意識して、豊かな時間を過ごしたいと思うか」という質問に対しては、82.9%が「そう思う」もしくは「どちらかといえばそう思う」と回答した。

「今後、日常の中で、いつもより豊かな気分になれる『ハレ時間』を作り出すために、ちょっといいモノやちょっとした工夫を生活に取り入れてきたいと思うか」と尋ねると、63.9%が「そう思う」もしくは「どちらかといえばそう思う」と回答した。同社は、「オン・オフのメリハリをつけ、日常の中に“ちょっといい時間”を生み出すことを目指す意識が高まっていることが伺える」と分析している。

どんな商品やサービスの購入機会が増えたのか
新型コロナウイルスの感染拡大前、生活にオン・オフのメリハリをつけるために、「ちょっと贅沢(ぜいたく)な商品やサービス」を購入・利用した経験があるかどうかを尋ねると、37.6%が「購入経験がある」と回答した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする