在宅勤務する若手社員のケア問題 1位に「モチベーションの把握」

就職・転職情報を提供する学情(東京都中央区)は1月12日、「在宅勤務・テレワーク」が若手社員に与える影響に関して、企業の人事担当者に実施したアンケート調査の結果を発表した。

若手社員が在宅勤務・テレワークをする際に課題になる点を尋ねると、「モチベーションの状態をつかみにくい」(77.6%)という回答が最も多く、「報連相などのコミュニケーション不足」(65.8%)、「作業の進捗状況や成果の把握が難しい」(56.0%)と続いた。

人事担当者からは、「コミュニケーションを取る機会が減っているので、様子が分かりにくい」「プロセスの評価がしにくくなった」「オンラインでは、双方向のやりとりや細かな心情などの把握に限界を感じる」「例年よりも入社1年目での退職が増えた」といった声が寄せられたという。学情は「1都3県を対象に緊急事態宣言が発出されたことにより、出社比率の低下を検討・実施する企業も増えている中、若手社員のモチベーション把握や、育成・戦力化に課題を感じる企業が増えることが想定される」としている。

2020年12月時点でテレワークを実施しているかどうか尋ねたところ、実施率は59.7%だった。内訳は「以前(新型コロナウイルス感染拡大前)から導入し、現在も実施している」(7.4%)、「新型コロナウイルス対策として導入し、現在も実施している」(52.3%)だった。実施していない企業の内訳は、「新型コロナウイルス対策として導入し、現在は実施していない」(18.8%)、「導入検討中、導入準備中」(5.8%)、「導入予定はない」(15.7%)だった。

今回の調査は、2020年12月11~18日にインターネット上で実施。有効回答数は688件だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする