市議、買収意図「全く感じず」=河井元法相公判―東京地裁

2019年参院選をめぐる大型買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた衆院議員の元法相、河井克行被告(57)の公判が12日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、広島市の石橋竜史市議(49)らの証人尋問が行われた。石橋市議は克行被告から現金30万円を受け取ったと認める一方、妻の案里被告(47)への投票や選挙応援を求める意図は「全く感じなかった」と述べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする