厳しい寒さとテレワーク増加で思わぬところから悲鳴 効率的な使用を呼びかけ

2021年に入ってから厳しい寒さが襲っている日本。各地で大雪が降って、車の立ち往生も発生しています。
同年1月7日には、緊急事態宣言が発令され不要不急の外出を控えるよう呼びかけられているため、自宅で過ごす人も増えました。
また、テレワークを導入する企業も増え、その結果、電力会社の連合会である『電気事業連合会』は「電力の需要が大幅に増加している」と発表。
電気の効率的な使用をするよう、協力を募っていました。
【節電ご協力のお願い】全国的に厳しい寒さが続き、例年に比べ電力需要が大幅に増加しています。ご不便をおかけ致しますが、日常生活に支障のない範囲で、照明やその他電気機器のご使用を控えるなど、電気の効率的なご使用にご協力をお願い致します。https://t.co/NKtIGi56rs
電気事業連合会が発表した日別電力量の推移を見ると、2020年12月29日以降、毎日前年を超える使用量となっています。
厳しい寒さはこの後も続くと予想されており、暖房など暖をとるために必要な電力はこれまで通り使用してほしいとのこと。そのほかの電化製品で、効率的な使用が求められています。
【効率的な電気のご使用方法について】厳しい寒さが続きますので、暖房等はこれまで通りご利用ください。照明やその他電気機器の効率的なご使用方法は次のサイトもご参考ください。ご不便をおかけ致します。省エネポータルサイトhttps://t.co/BxhHcZothI
ネット上にはさまざまな声が上がっていました。
・いつも安定した電力をありがとうございます!
・うちもテレワークになったからな…。
・効率的に使えば節約にもなるはず!
無理のない範囲で、暖を取る電化製品以外の電力を見直して、節電を心がけたいですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする