大停電や暴風雪、吹き溜まり被害を受ける秋田県 地元民が語るリアル

(画像提供:秋田県在住の津曲さん)年が明けてから、寒さが一層厳しさを増す日本列島。各地で大雪が観測される中、秋田県では深刻な大雪被害に悩まされている。
画像をもっと見る■停電や暴風雪被害を受ける大荒れの天気となった7日夜から8日にかけ、秋田市や能代市などで約6万5千世帯の大規模停電。そして、豪雪地帯の湯沢市では、暴風雪に見舞われたという。強風と積雪の被害はこれだけでない。風によって雪が吹き寄せられて一部に堆積する、「吹き溜まり」も各地で発生。ツイッターでもトレンド入りし、「外階段の手すりまで積もっている…」「家が吹き溜まりのせいで雨漏りした」などの声もあがっている。今回、「停電」「暴風雪」「吹き溜まり」の被害を受けた秋田県民に現地のリアルを聞くことができた。どのようなことに苦労をしたのだろうか。
関連記事:『ミヤネ屋』台風接近前に必ず「現金」の用意を その理由にハッとする■停電した当時の状況は…7日夜に停電被害を受けた秋田市に住む男性(25歳)。2月に医師国家試験を控えるのだが、あまりの寒さで勉強どころではなく、凍えながら夜を明かしたという。それでも翌日の昼には復旧したようで、現在は問題なく電気が使えると話す。湯沢市に住む主婦(61歳)は、いままで体験したことがないような暴風雪被害を受けた。あまりの風の強さに、自宅の壁に当たる雪の音が、まるで石つぶてのように家の中まで響いたと当時の恐怖を振り返る。

■家の玄関前に高さ1m級の吹き溜まり

(画像提供:秋田県在住の津曲さん)大仙市に住む女性(31歳)は、自宅の玄関前にできた吹き溜まりによって、ドアが開きにくくなるなどの被害を受け、外に出るのにかなりの時間を要した。それだけでなく、写真のように1m以上の堆積することもあるので、道路によっては道幅が狭くなり、対面通行ができないということもあるという。道路中央に吹き溜まりができた場合は、車のハンドルが動かなくなるなどの被害も。
■大変なのは固まった雪の処理

(画像提供:秋田県在住の須田さん)さらに大変なのは、一度積もって凍ってしまった雪の塊。日中の最高気温が氷点下を上回らないことが多いせいか、アルミスコップを使って力いっぱい作業してもなかなか除雪ができないという。甚大な被害を受けた秋田県、今後の天気も心配だが、どうか無事で冬を乗り切って欲しい。 (取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする