ハイスペ男子総合研究所によるハイスペック男子の落とし方 第24回 いかにもハイスペックな男性が適齢期を過ぎても未婚なワケ

ハイスペ男子総合研究所 所長のしのです。

この連載では、平均年収5,000万円のハイスペック男子の生態・恋愛観・結婚観をリサーチするハイスペ総研が、皆さまからの質問にお答えする形で、彼らに直接聞いたハイスペック男子の落とし方をレポートします。

今回お答えするご質問は、こちら。

いかにもハイスペックな人なのに、30・40歳を過ぎても未婚の人を見ると、なぜ結婚していないのかと思ってしまいます。そういう人の未婚の理由が気になります。(京都府/34歳)

高収入で外見もカッコよくモテそうなのに未婚、という男性もいらっしゃいますよね。彼らが結婚していない理由は一体何なのでしょうか。ハイスペック男子にリサーチしたところ、大きく分けて2つの理由があることが分かりました。

・結婚にメリットを感じられないから
・結婚したい気持ちはあるけど過去のトラウマが理由で踏み切れないから

それぞれ詳しくご説明していきますね。

・結婚にメリットを感じられない

ハイスペック男子は、高収入であるがゆえに何不自由ない生活を送っています。家事をする時間が無くても家事代行サービスを利用できますし、思い立った時にどこにでも行くことができます。決してモテない訳ではないので、女性と食事に行きたいと思ったら行く相手にも困っていません。ではなぜ結婚しないのかと言うと、結婚にメリットを感じられないからなのだそう。私がお会いした中では、これが結婚していない1番の大きな理由になっているハイスペック男子がほとんどでした。

例えば、結婚をするとある程度の制約ができてしまいますよね。他の女性とのデートも難しくなりますし、女性が多いお店や合コンなどにも行き辛くなってしまいます。こういった制約をデメリットに感じてしまうハイスペック男子は結婚をしないようです。また、結婚して仮に離婚してしまった場合、結婚期間中に得た収入は財産分与で半分は相手に渡す必要があります。このように金銭面でもデメリットを感じる、というハイスペック男子も多いようでした。

・結婚したい気持ちはあるけど過去のトラウマが理由で踏み切れない

一方で、結婚したいという気持ちはあるのに結婚していないハイスペック男子もいます。彼らの場合、過去に結婚したいと思っていた彼女に裏切られてしまったというような経験がトラウマになっているようでした。例えば、結婚を考えていたのに浮気されてしまった、お金を使いこまれてしまったなどです。そういった経験から警戒心が強くなってしまい、結婚に踏み切れないのだそう。

こういったハイスペック男子は、お付き合いする女性やデートする女性とはたくさん出会っているものの、「結婚の決め手を見つけきれない」ことが理由で結婚していないようです。「心から気が合うと感じる女性と出会えば結婚するのだろうけど、ループにハマってしまっているのかも」と語るハイスペック男子もちらほらいらっしゃいました。

ハイスペック男子なのに未婚の理由としては、結婚にメリットを感じられないから、結婚したい気持ちはあるけど過去のトラウマが理由で踏み切れないからという2つのパターンがあることが分かりました。

前者の場合は結婚するメリットを伝えることで結婚に至るかもしれません。また、後者の場合はかなり「こじらせて」しまっているので、警戒心を解きほぐしながら自分がこれまでの女性たちとは違うことを伝え続けることで、結婚に至る可能性が高まりそうです。参考になれば幸いです!

吉沢詩乃 よしざわしの 1985年東京生まれ。東京外国語大学卒業後、リクルートで法人営業として勤務しMVPなど受賞多数→エステサロン経営。趣味だったお金持ちの生態研究からハイスペ男子総合研究所を立ち上げ、主宰する恋愛婚活塾では受講生の96%が告白されるなど、独自のメソッドが人気を呼び入学半年待ちの人気に。著書『なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に選ばれるのか?』(大和出版) ハイスペ男子総合研究所 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする