23区唯一の成人式開催の杉並区長が反論「国や都が中止を強硬に迫り、結果私だけが残った」

新型コロナウイルスの感染拡大による首都圏の緊急事態宣言の発令下で11日、成人の日を迎えた。1都3県の多くの自治体がオンライン開催や中止を決断する中、東京の杉並区は23区で唯一、杉並公会堂で成人式の会場開催を予定通り行った。
祝辞で登壇した田中良区長(60)は「杉並区が成人式を強行した。こういうふうな向きもありますが、事実は違います」と会場開催に踏み切るまでの経緯を話し始めた。「事実は、開催予定の自治体に国や東京都が中止を強硬に迫り、結果的に私だけが残ったというのが真相です」。
さらに「何人かの区長さんが私に電話をしてきました。『外堀を埋められた、悔しい』とこう言っていた方もいました」と続け、「いずれにせよ、結果的には予定通り開催すると表明していた区長の中で、新成人の皆さまに約束を果たせたのは私ひとりだけになりました」と語った。
国や東京都は法的に中止指示を出そうと思えば出せたはずだと述べ、田中氏は「なぜ出さなかったのか。それは科学的根拠がはっきりしない、ないからなんですよ。もし中止指示を出せば、じゃあなんで映画館はいいけど、成人式はだめなんだとか。なんで学校は毎日若い人が集まってるのに成人式はだめなのか。議論はつきない」と主張した。
また「国や都の本音は成人式というより、その後の酒盛りをさせたくないというところにあると思う」と分析。「一般論としてはそれも理解はできてるつもり。国や都が別にいじわるで中止を要請してるわけではない」と前置きしたうえで、「私はそういう考え方とはちょっと違うんです。私はあなたたちをまずは信頼したいと思います」と強調した。最後に、「そしてその上に立ってみなさんに呼びかけたい。この式典の後、自制心をもつよう約束していただきたい。酒盛りは控えて家に帰ってください」と呼びかけた。
例年、区の新成人は約5000人で、そのうち約2000人が成人式に出席している。感染予防対策を徹底。普段は2回に分けて行う式典を今年は4回に増やし、できる限りの密を避ける。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする