千葉・船橋市、オンライン成人式開催「精いっぱいできれば」

緊急事態宣言を受け、新型コロナウイルスの感染が拡大している1都3県の多くの自治体は、成人式の延期や会場開催を中止してオンライン開催に変更するなどの措置を取った。長年、新成人が主体となり式を企画運営してきた千葉県船橋市では、新成人の企画運営委員がスポーツ報知の取材に応じ、オンライン開催のみに変更された式への思いを語った。
成人式で船橋市の郷土芸能「ばか面踊り」を配信で披露する滝口彪さん(20)は「率直に言えばさみしいです」と話す。同市では例年行ってきた夏祭りも今年は新型コロナの影響で中止。踊りをお客さんの前でやる機会がなくなった。「成人式もオンラインになってしまって、目の前の僕と同じ新成人に踊ることができなくなってしまったので…」。
それでも、「決まっちゃった以上は割り切る部分もあるので、あとは画面の向こうで見てる人が楽しんでくれるような踊りを精いっぱいできればなと思います」と気持ちを切り替え、ひょっとこのお面で成人式を盛り上げる。
同じく企画運営委員の小林聖さん(19)は「さみしい気持ちでいっぱいですけど、成人式オンラインでも楽しかったねと言っていただけるように頑張ります」と話す。「目標にむかってみんなで一丸になる感じが僕はすごい好きなので、運営委員に入ってよかった」と笑顔を見せた。
船橋市は11日、オンライン配信で成人式を行い、船橋市非公認キャラクター・ふなっしーなどがビデオメッセージで祝福した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする