成人式でプレゼントされた「斬新な日本酒」が話題 込められた想いを聞いた

(画像提供:石本酒造)11日に成人の日を迎えた列島各地。新型コロナウイルス感染拡大の影響から中止した自治体も多かったが、開催した地域ではトラブルも発生した。そんな中、新潟の酒造メーカーの新成人へのプレゼントが話題を呼んでいる。
■3密状態になってしまった地域も横浜市では新成人の一部が、自分の名前入りの旗を会場周辺で振り回し、警察と小競り合いとなった。また、成人式中止にした自治体でも写真撮影スポットを設置したことで、大勢の成人が集まり、3蜜状態の風景も多く見られた。一方で10日に開催された新潟市成人式では、「ありがとう」を酌み交わしたい相手への想いをもとにラベルを選び、瓶に貼り付けることで完成する斬新な「2枚ラベルの越乃寒梅」が製造元の石本酒造からプレゼントされた。
関連記事:歌広場淳、新成人へのメッセージが「沁みる」と話題 自らも感染乗り越え■日本酒を感謝の気持ちを伝えるキッカケに今回プレゼントされた日本酒には、新成人がお世話になった人に「感謝の気持ちを伝えるキッカケ」になるようにという想いが込められている。

(画像提供:石本酒造)ラベルのデザインは「うしろ姿」をテーマに、さまざまな作品を公開し人気を博している「青春bot」さんが担当し、新成人を迎えた男女や、それを支えた両親や恩師をイメージしたイラストとなっている。■新成人の想いを代弁したムービーまた、石本酒造は新潟市出身で昨年成人を迎えたシンガーソングライター・果歩と青春botが共同で新成人に向けたメッセージムービー

「ブルーアワー」を制作し、新潟市の成人式で一足早く公開した。
メッセージムービーは、果歩の曲と青春botさんのイラストが、新成人の「これまでやこれからの想い」を代弁した内容となっている。
■自分の楽しみ方を見つけて石本社長は「お酒を飲むことは、楽しいことだけではありません。飲みすぎによる健康リスクや飲酒運転、ひいては人に迷惑をかけてしまう危険性もあります」とし、しかしながら「適量を守り、適正な飲みかたをすれば大丈夫。何も心配することはありません」とアドバイス。また、「お酒を飲むことは、いわば大人にしか味わえない人生の楽しみ。もしお酒に弱かったり、飲めなくても、贈りものにして喜んでもらうのもまた一興。自分に合った楽しみかたで、ぜひこれからの人生を謳歌してください」と新成人へメッセージを送った。 (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする