福井・北陸道の立ち往生、なお100台超 解消めど立たず

北陸地方で降った大雪による北陸自動車道の車の立ち往生は11日も続いた。中日本高速道路によると、同日午後11時時点で、上り線金津インターチェンジ(IC)―丸岡IC間に取り残された7台を残して、立ち往生はほぼ解消された。
福井県などによると、この区間では積雪が多く、作業が難航していた。
立ち往生は9日午後に発生し、10日未明に上下線合わせて1000台を超えた。10日夕には半数以下に減少し、下り線の立ち往生は11日午前7時までに解消した。下り線武生IC―加賀ICの通行止めは続いている。
立ち往生に関連して、これまでに体調不良を訴えた3人が救急搬送された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする