関口宏、菅首相の緊急事態宣言に「前回よりぬるいと感じてしまう」

10日放送のTBS系「サンデーモーニング新春スペシャル」(日曜・午前7時半)で、菅義偉首相が7日に東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県へ新型コロナウイルス感染拡大に伴う2度目の緊急事態宣言を発出したことを報じた。
新年最初の放送となった同番組は、通常の午前8時スタートより30分早い7時半に始まった。スタジオでは、前回4月の緊急事態宣言と今回の違いを紹介。休業要請は前回は「百貨店、美術館、映画館、劇場、スポーツクラブなど」だったが、今回は働きかけのみでなし。イベント開催も前回は「自粛・中止要請」だったが今回は規模を制限した上で開催は可能となったことを伝えた。
今回の緊急事態宣言に司会の関口宏は「これだけ見ると前回の緊急事態宣言よりぬるいという感じがしてしまう」と指摘。さらに政府の対策に「かゆいところに手が届かないまんま続いている気がしてしまいます」と印象を明かしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする