ハワイ・オアフ島でUFO目撃談が相次ぐ 「青白い光がゆらゆらと…」

(stoickt/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)ハワイ・オアフ島でこのほど、海辺の空を横切るUFO(未確認飛行物体)の目撃談が相次いでいたことがわかった。『Hawaii News Now』『ABC 11 News』ほかが騒動を報じ、SNSでも大きな話題になってる。
■青い光がゆらゆらと…昨年末の午後8時半ごろ、オアフ島の911緊急通報指令室に、島西部のリーワードやナナクリに暮らす住民たちから、多くのUFO目撃情報が飛び込んだ。「不気味な青白い光が夕方の空を横切った」「青い光がゆらゆらと揺れて飛び、最後は海のほうに落ちていった」「長方形の青と白のUFOを目撃した」などと伝えられたという。
関連記事:災害時の救世主「水戻しインスタントラーメン」 水以外で戻すと激ウマだった■米・連邦航空局の声ツイッターはこの話題で沸き、「UFOではないか」「飛行機の墜落か」「エイリアンはついにハワイをターゲットにしたか」などと騒がれた。その流れのなか、アメリカ連邦航空局(FAA)の関係者は「現地の警察からも航空機関連の事故に関する照会が入りましたが、事故の情報は一切ありません」とツイートした。■あるユーザーの説明に納得ホノルル警察も「何ら情報が得られない」としているが、あるユーザーは「UFOのように見えるものは、実際はLEDカイト(電飾凧)であることがほとんどだ」とツイートした。その科学的な説明に、人々も納得。UFOの飛来か航空機の墜落事故かという騒動は、そこで一件落着となったようだ。

■人気上昇中のLEDカイトツイッターのユーザーが触れているLEDカイトは、周りにLEDライトの電飾を付けて飛ばす凧のこと。今回は青や白だったが、赤や緑もある。相当高くまで上がれば、揺れることはあってもホバリングしているように見える。これをUFOと勘違いするケースが、ハワイだけでなく世界そして日本でも増え、認知度も上がっているという。しかし、暗い空にUFOらしきものが現れ、本物なのに誰もが「どうせLEDカイトだろう」と思ってしまう、そんな日が来る可能性はゼロとは言えないだろう。 (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする