大やけど負った男性が愛する女性と結婚 「大切なのは外見じゃなくてハート」

(TolgaMadan/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)多くの人が気にしてしまう外見。ある男性は火事でやけどを負い後遺症も抱えたが、外見を気にしない女性とめでたくゴールインした。男性がやけどを負った経緯、その後の苦悩と結婚までの道のりについて、『AsiaOne』などが報じている。
■火災発生で重傷2015年6月の夜中に、中国・上海で暮らす男性(31)が、アパート5階の自室で目を覚ました。煙のニオイがする。そう気づいて窓の外を確認すると、消防隊が見えたという。火災発生を確信した男性は消火活動がすぐに始まるよう祈ったが、隊員らは施錠されたアパートのゲートを開けることができず、立ち往生。「こうなったら自分がゲートを開けに行くしかない」と考えて部屋を飛び出し、隣人らのドアを必死に叩き、避難を促しながら移動した。
関連記事:火災発生で祖母がひとり脱出 置き去りにされた孫は全身やけどの重傷■つらい治療を経て前向きに2階まで下りると、ある部屋から火が出ていることが判明。男性は一瞬たじろいだものの「俺が行かねば」と必死に移動し、ゲートを開けることに成功した。その後、消防隊はすぐに消火活動を開始。アパートで暮らす多くの人たちが助かったが、男性は体表面の67%がただれる重傷を負い、20回以上も手術を繰り返すことに。その後も、長く苦しいリハビリに耐えねばならなかった。やけどの後遺症は今も残るという男性だが、2018年には、同じくやけどを負った人たちをサポートしていきたいと決意。チャリティ活動にも取り組み始めたという。

■ピュアな愛情この男性が、本年正月に愛する女性と結婚した。男性の体にはやけどの痕があるが、女性は「かっこいい外見が必要なのは、アイドルだけよ」と断言。さらに「人生を一緒に歩むパートナーなんだもん、見た目なんかより優しい気持ちのほうが大事だわ」とも男性に話したという。
■人は見た目ではない?しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,368名を対象に調査した結果、全体の63.5%が「人は見た目ではないと思う」と回答した。

男性の体には一生消えないやけどの痕があるが、「かっこいいぜ!」「まさにヒーローだ」という声が多くあがっている。ちなみに男性は、英雄と呼ばれても「違います、そんなことはありませんよ」と否定。「きっと多くの人が僕と同じことをするでしょう」「僕はそう信じています」と語っている。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする