強姦目的の親戚をメッタ刺しに 10代女性に正当防衛は認められるか

(LordIvanhoe/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)親戚にナイフをいきなり押し当てられ、強姦されそうになったとしたら…。そんな恐ろしい経験をした女性が、被害を回避するために命がけで抵抗し、親戚を死なせてしまったことを、『Times of India』などが報じている。
■10代女性に迫った危険1月2日午後8時頃のこと、インドのタミル・ナードゥ州で暮らす19歳の女性が、屋外に設置されているトイレに用を足しに行った。しかしそこは薄暗く、女性はすぐそばに男がいることに、まるで気づかなかった。男は女性のいとこで、無職かつアルコール依存症の24歳。妻と子供もいるが別居中で、窃盗を繰り返すなどして家族・親族に迷惑をかけていた。この日もビールを飲みながらうろつき、たまたまひとりでいた女性を発見。ナイフを持っていたことから、「これで脅せば騒がない」「強姦してしまおう」と考えたようだ。
関連記事:ミスコン美女の恋人を刺殺した男 「別れるくらいなら」と強い怨恨で報復か■壮絶な抵抗すでに泥酔していた男は、いきなり女性に飛びつきナイフを首に押し当てた。女性が「やめて」と懇願しても男はそれを無視し、服を脱ぎ始めたという。だがその瞬間に、女性は「抵抗するなら今だ」と判断。一瞬の隙を狙って男の頭を両手でつかみ、すぐ近くに生えていた木の幹に叩きつけた。この衝撃で男がナイフを地面に落としたため、女性はそれを急いで拾いあげ、さらなる攻撃に及んだ。

■男の死ナイフを持った女性は、それを男の首に突き刺した。やらなければ、自分が襲われる。その思いから何度も刺した結果、男は意識を失いそのまま死んだという。女性はその後に警察に連絡し、事情を説明。警察は急いで現場に向かい、男の遺体を発見・回収した。
■正当防衛という見方当局は、女性の話に嘘はないと確信。速やかに法律の専門家らをまじえ事件の経緯を分析し、意見を求めている段階だという。現地のメディアは、この女性について「逮捕されない可能性もある」と報道。警察も「これは正当防衛に該当するケースのようだ」「同女性が被害者を殺害する動機は、他には何もなかった」というコメントを発表している。インドでは、女性や子供が強姦被害に遭う事件が多発。さらには殺害される事例も多く、反撃はやむを得ないという声は少なくない。このような事態に備え護身術を学ぶ人も、ここ数年でずいぶん増えているという。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする