時短要請には従わない 『モンスーンカフェ』『権八』を手掛ける会社代表が緊急事態宣言に怒りのコメント

国内外でレストランを経営する株式会社グローバルダイニングが、緊急事態宣言の時短要請に従わないことを表明。その判断に、ネット上では「店には絶対に行きたくない」「自粛警察なんかに負けないでほしい」と様々な声が寄せられているようです。
若い女性がうじゃうじゃいた!? コロナ感染で宿泊療養していた男性が語る“誰も知らない”14日間 | TABLO
政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言の再発令を決定しました。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対象に、飲食店の営業時間短縮や、夜間の移動制限などを要請しています。
そんな状況の中、国内外でレストランを経営する株式会社グローバルダイニングが、サイト上に『緊急事態宣言の発令に関して、グローバルダイニング代表・長谷川の考え方』と題した文章を掲載。その内容は緊急事態宣言の再発令を疑問視するものでした。
インフルエンザが大流行した時に緊急事態宣言が発令されていないことや、時短や休業が感染拡大を抑えるのに効果的ではないことを主張しています。
さらに『死者数は米国などの約40分の1しかいないのに、なぜ医療崩壊?』『今の行政からの協力金やサポートでは時短要請に応えられません』などといったことも記載し、『以上の理由により、当社は緊急事態が発令された後も、平常通り営業を続ける所存です』としていました。
グローバルダイニングの長谷川社長のコメント。飲食業が時短することには到底賛同できない、医療崩壊する理由が分からない、医療従事者は何も準備してこなかったのか、とのこと。https://t.co/UWYlSGRHKi pic.twitter.com/AFdYN2kxVv
インヴェスドクター (@Invesdoctor) January 7, 2021
この表明に賛否の声が上がっているようで、ネット上では「こういう会社も当然出るわな。予想通りカオスか」といった声をはじめ、
「グローバルダイニングの声明、やばいな…ツッコミどころが多すぎて…」
「賛否はあると思うけど、理解できる。代表がここまで腹を括って署名で出すのは凄い」
「“専門家の助言を受け万全の感染対策で営業するので安心してご来店ください”ならまだ分かるけど、“コロナは大したことないし経営が大変だから営業します”みたいな店の都合しか語らない店には絶対に行きたくない」
「社長のコメントが堂々としてて非常に好感。自粛警察なんかに負けないでほしいな」
「医療従事者は何も準備してこなかったのかとか、アメリカと死者数を比べるとか、論理が破綻してるやろ。ただの八つ当たりじゃんw」
などといった様々な声が寄せられていました。
この判断が吉と出るのか凶と出るのか、今後の成り行きにも注目が集まりそうです。(文◎絹田たぬき)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする